終着地点はどこですか?

私は、仏教とはほとんど無縁な環境の中で生まれ育ちましたが、縁あって浄土真宗と出合い、善き師との出会いによってお育てをいただき、南無阿弥陀仏と出遇わせていただくという尊い御縁にめぐまれました。

そしてお聴聞を重ねる中でいろいろと考えさせられる出来事があって、また、阿弥陀さまの真実のみ教えを一人でも多くの方にお伝えしたいとの思いから浄土真宗本願寺派の僧侶とならせていただきました。

しかし、私の前には相も変わらず次から次へと障壁が立ちはだかり、もう手詰まりなのか…と思い始めたところで、そんな私の話に真剣に耳を傾けてくださった方から、一つのキーワードをいただいたのです。

それは、「終着地点はどこですか?」との問いです。

「いのちの終着地点は?」と聞かれれば、「地獄行きの私ですが、定まるところは阿弥陀如来のお浄土です」とハッキリ答えられても、「今を生きていくうえで、あなたのめざす終着地点は?」問われた時、「…どこだろう?」と、やたらめたらに夢を追いかけ、走り続けているだけの自分に気づかせていただきました。

夢や目標というものは、一つ叶えばまた次の終着地点が現れてきてとどまることを知らず、これに疲れてしまうということもあるでしょう。ですが、それでも一つの方向を定めて、一歩一歩前へと踏み出すことはとても大切なことです。殊に「世のなか安穏なれ、仏法ひろまれ」の精神で目指す夢ならばなおさらのこと。

その道を歩んで行けば、必ず道は切り開かれるでしょう。そして、同じ夢、同じ終着地点に向かって共に歩んでくださる方も現れるでしょう。

そのご縁を大切に、一歩、一歩、進んで行と思います。


最新記事
特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

浪清山 浄願寺

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon